世界には沢山の物があるが、同じ値段なら分かりやすい

262円と2・49ドルが同じになるときの金融為替レートが正しい説

購買力平価説の一つに皆さんが聞いたことがあるかもしれないマクドナルド平価説というのがあります。以前毎日新聞にマクドナルド平価に関しての記事が載っていました。マクドナルド平価から言うとドル/円は105円が適正であるということですね。マクドナルド平価の計算というのはイギリスの経済誌「エコノミスト」が毎年発表するのですけど、ビッグマック1個をいくらで買えるか。ビッグマックは日本では262円、アメリカは2・49ドル。262円÷2・49ドルを計算すると約105円になる。

要するに「262円と2・49ドルが同じになる為替レートが、あるべき為替レートである」というのがマクドナルド平価説ですね。世界でいろんな同じものがあるけれども、それが同じ値段であるべきだという話です。このマクドナルド平価ですけど、私に言わせるといろんな問題があります。一つの反論としては例えばビッグマックというのは、私は今、52歳ですけれども、52歳のアメリカ人の中年が毎日食べても別に問題ないのでしょう。しかし、私は、ビッグマックを毎日食べたらゲップが出てやっていられない。

52歳のアメリカ人にとってのビッグマックと52歳の日本人にとってのビッグマックを比べるのはりんごとオレンジを比べているようなものだ、と私は思うのです。もし比べるんだったら、アメリカ人のビッグマックと私のざるそば2杯と比べろと私は言いたいですね。ざるそば2杯対ビッグマックだったら700円対2ドルでドル/円は350円のはずだ。105円とは全然違うじゃないのというのが一つの反論です。もう一つの反論はアメリカのビッグマックと日本のビッグマックとは根本的に商品が違うということです。
年末で金欠でお金借りることにしました。消費者金融のカードローンを申し込みまして、審査において名前や住所や勤続先を伝える必要があると担当者から電話で教えて貰いました。
高級時計といったら安定のロレックス 買取 価格も普通の時計と全く比べ物にならないような値がついたりします。持っていても売っても価値がある素晴らしい物ですよ。
特に税金に関する詳しい知識はないけれど、相続税 申告を自力で行いたいという人の強い味方になってくれるのが顧客の希望にも柔軟に対応してくれる遺産相続専門の税理士事務所です。


要するに利息と配当収入が大きいのです。ほとんど全新聞が経常収支を説明する時「モノとサービスの黒字を表わす経常収支の黒字は」という枕詞が経常収支の前についているんですね。「モノとサービスの黒字を表わす経常収支の黒字は」という枕詞、へんですよね。この月もそういう枕詞になっていました。しかしこの月はモノ+サービスの数字は赤字なんですよね。

「モノとサービスの黒字を表わす経常収支は」って、「経常収支は確かに黒字」ですけど、別に「モノとサービス」は黒字なんかではない。マイナスなんです。ちっとも黒字を表わしていない。新聞業界ではもう決まり文句の枕詞になっちゃっているのだと思うんですけど、これ、まずいですよね。

What's New
2013/10/14 注目情報を更新しました。
2013/10/10 新着記事を更新しました。
2013/10/09 ハンドブックを更新しました。
2013/10/06 モノとサービスを更新しました。
2013/10/04 イギリスの通貨を更新しました。
2013/10/02 アメリカのレタスを更新しました。
2013/10/01 262円と2・49ドルが同じになるときの金融為替レートが正しい説を更新しました。
2013/09/28 ホームページをリニューアルしました。

注目サイト
登録貸金業者情報検索サービスオリックス銀行カードローンアコム
金融庁のサイトで、貸金業者としての登録の有無を調べられます。限度額800万円、年利3.0%~17.8%、月々7000円からの返済というキャッシング1万円~500万円までのキャッシング。ネットバンキングで24時間365日、利用する金融機関より返済できます。